名刺の作成で業者へ依頼

手間とコストをかけずに名刺作成について
未分類

経済社会の常識

日本の経済社会における名刺は業者印刷が有利であると理解できたところで、名刺の業者印刷にはもう一つ利点があります。今も昔もビジネスマンにおいて、名刺は配ってナンボです。新人の営業マンは最初に会社から名刺を渡されたとき、〇〇までに配り終えるようにというノルマがあった会社もあります。直接的な営業成績を上げろというノルマではなく、まず顔を覚えられること、人に会うことが仕事の第一歩という意味です。現在ではアポ無しで訪問をするというのは減ってきていますが、基本的なことには変わりありません。

名刺を差し出すそのように配ってナンボの名刺ですから、手間とコストはかけられません。絶対に必要なもので常に使い続けていくものです。印刷を頼むごとにデザインを一新するといった手間はかけられるはずもなく、会社の雛形で所属や名前を変えるだけで対応しています。業者には変更する箇所を伝えるだけでよいのです。業者印刷は型を起こして印刷を行います。最初に型代が発生しますが、型に変更がなければそれを使い続けます。つまり同じものを印刷すればするほど1枚あたりの単価が安くなっていくのです。

信用とコスト、それを両立しているため、業者印刷は経済社会の常識だといわれ続けているのです。

未分類

業者印刷の価値

名刺は社会人だけではなく、一般の人にも普及してきたという流れを前項で示しましたが、この一連の流れを理解すると業者印刷の重みというのが分かってきます。

名刺渡す業者印刷は部数が多く、社会人によって使われてきました。プリンターでの個人印刷は、部数が少ない人、主に一般人によって普及しています。商売という経済活動を行う人たちにとって信用できるのはどちらになるでしょうか?やはり普段から見慣れたものを信用することになるでしょう。名刺によって人格が否定されるというわけではありません。たとえプリンター印刷の名刺であっても良い仕事を行う人は大勢います。ただ名刺を渡すというのは、初めて出会う人同士が行うものであって、顔見知りの人たちが交わすということは滅多にありません。ほんの少しだけスタートで出遅れてしまうのです。

ビジネスにおいてスタートの出遅れは、致命的な場合もあります。厳しい勝負になればなるほど、わずかな躓きもみせたくはありません。わずかな気遣いは、気にする人もいますが、気にしない人もいます。ですがこれは主義主張や時代の問題ではなく、習慣として残っているものですからそれに沿ったほうが失敗が少ないという経済社会においての常識のようなものなのです。

未分類

名刺の普及

名刺社会人になると名刺が常識のように使われており、名刺を持つと世間に認められたような気持ちがします。プリンターが一般家庭に普及していなかった時代、名刺印刷は印刷業者に頼まなくてはいけませんでした。携帯電話も普及していなかった時代のことです。バブル時代には大学のサークル活動が活発になり学生が経済活動を起こすようになってくると、大学生でも名刺を持つ人が増えてきました。しかし一般的にはまだ社会人のもので、前出した人たちは特殊な部類でした。これが2000年に近づいてくると急激に変化をみせます。

一般へのパソコンと携帯電話の普及です。パソコンの普及はそれまで現実社会での繋がりのみだった人間関係を一気に広げ、ネットで知合った人たちが集うオフ会が各所で開催されました。知らない人同士が初めて会うのです。ここで活躍したのが名刺でした。ハンドルネームやメールアドレス、場合によっては携帯番号などを記したものを個人用名刺として使用しました。それまでは印刷業者に出していた印刷を、パソコンとプリンターで印刷しました。業者印刷は100枚単位ですが、オフ会ではそのような数は必要ありませんし、そう何度も使用するわけではありませんのでプリンターで印刷するていどでことは済んだのです。携帯電話にネット機能がつくと、個人用の名刺というのは一気に広がりをみせました。

今では当たり前のように使われていますが、これまでの流れをみていると業者印刷の重みというものがでてきます。