未分類

経済社会の常識

日本の経済社会における名刺は業者印刷が有利であると理解できたところで、名刺の業者印刷にはもう一つ利点があります。今も昔もビジネスマンにおいて、名刺は配ってナンボです。新人の営業マンは最初に会社から名刺を渡されたとき、〇〇までに配り終えるようにというノルマがあった会社もあります。直接的な営業成績を上げろというノルマではなく、まず顔を覚えられること、人に会うことが仕事の第一歩という意味です。現在ではアポ無しで訪問をするというのは減ってきていますが、基本的なことには変わりありません。

名刺を差し出すそのように配ってナンボの名刺ですから、手間とコストはかけられません。絶対に必要なもので常に使い続けていくものです。印刷を頼むごとにデザインを一新するといった手間はかけられるはずもなく、会社の雛形で所属や名前を変えるだけで対応しています。業者には変更する箇所を伝えるだけでよいのです。業者印刷は型を起こして印刷を行います。最初に型代が発生しますが、型に変更がなければそれを使い続けます。つまり同じものを印刷すればするほど1枚あたりの単価が安くなっていくのです。

信用とコスト、それを両立しているため、業者印刷は経済社会の常識だといわれ続けているのです。

 

いろいろな名刺印刷と売り込み方

職業柄名刺は常に携帯しているので、印刷を注文する際には安くて感じの良いものであれば、と考えています。何せ配る機会が多ければ、数百枚刷ったところですぐに無くなってしまうからです。だから枚数は多くても構わないし、最低限、氏名と所属と役職、会社名と連絡先があれば良いとは思うものの、さすがに簡易のインスタントものなどは少々味気ないです。かといって字体やデザインなどを凝って業者に印刷を頼んだりすると、名刺代だけで相当かかってしまうので論外です。とは言っても余所から頂く名刺で目に留まりやすいものと言えば、やっぱり目を引くデザインや凝った印刷のものであるわけだから、悩むところです。

そういえば以前、とある会社の営業の方から頂いた名刺は、氏名や会社名だけでなく、御自身の顔写真まで印刷されており、社内で少し話題になりました。確かにインパクトは強いのだが、なんとなく学生が作ったものみたいで幼く感じられて少々おかしかったのが正直なところでした。いろんな売り込み方があるものだと思った次第でした。

 

「この営業マンは他とは違う」と思わせる名刺交換

営業職の方は常に「どうしたら選んでもらえるか」「どうしたら買ってもらえるか」ということに、いつも頭を悩ませているものです。相手とコンタクトを取り、興味を持ってもらって、交渉して、契約書に判を押してもらう…という流れ作りが、非常に難しくやりがいのあるものです。そこで、コンタクトを取ったときに、一番最初に行うものが名刺交換。商談で興味関心を持ってもらうためにも、まずこのときに「おっ、この営業マンは違うな」と思ってもらいたいものですね。そのためには、何をしたらよいか?ずばり、「相手の名刺から話題を広げる」ことです。

人間は、自分のことについて関心を持ってくれた相手に対して、好感と興味を持つものです。できる営業マンは得てして「相手の話を広げるのがうまい」ものです。そう、こちらのことは最小限伝えれば良いのです。例えば、相手が珍しい名字であれば出身地を聞いてみます。するとその出身地ではメジャーな名字であることや、相手の出身地を刊行したことがあるといった話、その土地ゆかりの歴史上の人物や名物の話など、話の引き出しはいくらでもあります。そこから話を広げて、お互いに楽しい会話をするのです。こんな風に、ファーストコンタクト時で既に、他の営業マンとの差別化が可能なんですよ。

 

 

未分類

業者印刷の価値

名刺は社会人だけではなく、一般の人にも普及してきたという流れを前項で示しましたが、この一連の流れを理解すると業者印刷の重みというのが分かってきます。

名刺渡す業者印刷は部数が多く、社会人によって使われてきました。プリンターでの個人印刷は、部数が少ない人、主に一般人によって普及しています。商売という経済活動を行う人たちにとって信用できるのはどちらになるでしょうか?やはり普段から見慣れたものを信用することになるでしょう。名刺によって人格が否定されるというわけではありません。たとえプリンター印刷の名刺であっても良い仕事を行う人は大勢います。ただ名刺を渡すというのは、初めて出会う人同士が行うものであって、顔見知りの人たちが交わすということは滅多にありません。ほんの少しだけスタートで出遅れてしまうのです。

ビジネスにおいてスタートの出遅れは、致命的な場合もあります。厳しい勝負になればなるほど、わずかな躓きもみせたくはありません。わずかな気遣いは、気にする人もいますが、気にしない人もいます。ですがこれは主義主張や時代の問題ではなく、習慣として残っているものですからそれに沿ったほうが失敗が少ないという経済社会においての常識のようなものなのです。

 

名刺は社会人にとって、とても大切なものです。

子供の時は全然名刺に対して、興味がありませんでした。しかし大人になって、社会人としてお仕事をさせていただくと、名刺に対して物凄く興味を持たせていただきました。理由としましては、名刺をいただくことによって、その方がどのようなお仕事をしていたり、どのくらいの役職に就いているのか確認することができるからです。また名刺の渡し方をみて、この人は礼儀正しい人であると判断することができるからです。

社会人になって、お仕事をする際に、色んな事を学ばせていただきました。名刺がたくさんある方は、それだけ大変なお仕事をしてきた方だと思います。私は現在無職で、仕事を探しているのですが、昔いただいた名刺を見ると懐かしい気持ちになります。名刺にはそのような思い出もたくさん詰まっていまして、大切な個人情報でもありますし、家の中で大切に保管をしています。もし仕事を新しく始める事ができましたら、たくさん名刺を貰えるように頑張りたいと思いました。

 

もらった名刺は、すぐにしまわないこと

ビジネスシーンにおいて、名刺交換の場面には頻繁に遭遇します。事前に、商談するなどの予定が入っており、準備をしているときもあれば、突然名刺交換に遭遇することも多いです。もらった名刺は、大事に扱わなければならないということは、新社会人でも知っていますが、もたっら名刺をすぐにしまわないということは、あまり知られていません。なぜ、すぐにしまってはいけないかというと、頭に情報がちゃんと入っていない状態で、大切に名刺ケースに入れてしまうと、後々誰にどんな場面でもらったか、思いだせなくなってしまうからです。

思いだせない事態を防ぐために、一番の重要ポイントとなるのが、名刺をもらったまさにその時です。そのまま、名刺の内容を、しっかりと頭の中に入れていきます。商談時に、数名の方に渡してもらった場合は、席順に名刺を並べて、顔と名前を一致させるように努力します。裏面に、いつ、どのような状況でもらったか、メモ書きをしておくのもおすすめです。

 

名刺が入っている手帳。

神奈川県でお仕事をしていた時には、名刺を作ってもらいました。お客様にお渡ししたことが何度もあります。この名刺は数枚今でも持っています。現在は使っていませんが持っています。この名刺は、赤い手帳の中に入れています。この赤い手帳は、以前よく利用していました。知り合いの連絡先を書いたり、または自宅の住所を書いたりしていました。とても使いやすい手帳でしたので、とても気に入っていました。よく持ち歩いていました。数日前に、久しぶりにこの赤い手帳を見ました。自分はこれまでいろいろな物件で生活をしたことがあります。それらの住所を確かめるために、この名刺の入った赤い手帳を和室のカラーボックスの中から持ってきました。この赤い手帳に書いている以前住んでいた物件の住所を確認して、インターネットを利用して調べたのです。この赤い手帳はよく使っていましたので、持った感覚が懐かしいな、と思いました。名刺を保管するのに最適な手帳です。

未分類

名刺の普及

名刺社会人になると名刺が常識のように使われており、名刺を持つと世間に認められたような気持ちがします。プリンターが一般家庭に普及していなかった時代、名刺印刷は印刷業者に頼まなくてはいけませんでした。携帯電話も普及していなかった時代のことです。バブル時代には大学のサークル活動が活発になり学生が経済活動を起こすようになってくると、大学生でも名刺を持つ人が増えてきました。しかし一般的にはまだ社会人のもので、前出した人たちは特殊な部類でした。これが2000年に近づいてくると急激に変化をみせます。

一般へのパソコンと携帯電話の普及です。パソコンの普及はそれまで現実社会での繋がりのみだった人間関係を一気に広げ、ネットで知合った人たちが集うオフ会が各所で開催されました。知らない人同士が初めて会うのです。ここで活躍したのが名刺でした。ハンドルネームやメールアドレス、場合によっては携帯番号などを記したものを個人用名刺として使用しました。それまでは印刷業者に出していた印刷を、パソコンとプリンターで印刷しました。業者印刷は100枚単位ですが、オフ会ではそのような数は必要ありませんし、そう何度も使用するわけではありませんのでプリンターで印刷するていどでことは済んだのです。携帯電話にネット機能がつくと、個人用の名刺というのは一気に広がりをみせました。

今では当たり前のように使われていますが、これまでの流れをみていると業者印刷の重みというものがでてきます。

 

就職祝いで喜ばれるもの

現代の日本においては新卒の大学生や高卒の若者が就職できることは当たり前のことではなくなってきています。就職はかなりの狭き門で、たとえ希望の職業に就けなかったとしても、仕事があるだけありがたいというような世の中です。そんな時代だからこそ、自分の可愛がっている後輩や身内が無事に就職できたらぜひとも先輩社会人として就職祝いを贈ってあげてください。品物を贈る場合には、相場は1万円くらいまでと言われています。身内の場合はもう少し高いものをあげても構いません。

男性の場合はネクタイやビジネスバッグなどが定番です。女性に贈るのであれば、パールや小粒のダイヤモンドなどをあしらった清楚なデザインのアクセサリーやスカーフが無難です。男女共通ですと、時計や名刺入れ、定期入れなど、いずれもビジネスシーンで使えるものが好まれます。もし、実家を出て一人暮らしをすることが決まっているのであれば、炊飯器やオーブントースター、ポットなどの家電も重宝されると思います。また、就職祝いはものに限らなくてもいいです。たとえば、ちょっとオシャレなレストランで食事をご馳走したり、一緒にお酒を飲みに行って話をするなどでも思い出に残りますし、社会人としての心構えもできます。

 

名刺の裏の、自作のキャッチコピー

社会人になって初めて名刺をもらった時は、なかなか興奮しました。その仕事を辞めてからはなかなか名刺をもらえることはなかったので、今の会社で、再び名刺をもらった時は、本当に嬉しかったです。高級マンションのコンシェルジュ用の名刺とあって、今までの名刺とは紙質や厚さが違います。嬉しさ倍増でした。ただ残念なのは、連絡先の電話番号・メールアドレスが職場のフロントで共用なため、あまり気軽に配れないことです。これまで配ったのは数通だが、既にメールが来てこれは渡さない方がいいと分かりました。

去年の年末から、うつ病、ニート、引きこもりや障がい者の就労支援を行っているNPOにボランティアとして通うようになりました。そこでも名刺をいただけることになり、今は2種類持ち歩いています。このNPOのでは、名刺の裏側に自分で考えたキャッチコピーを載せることになっているところがなかなか面白いです。私は、いろいろ考えた結果、ダイバーシティへの飽くなき探求心としました。海外生活を通して、多様性を認める社会の素晴らしさを痛感したからです。いつかこのキャッチコピーが実現すればいいなと思っています。