名刺の作成で業者へ依頼

手間とコストをかけずに名刺作成について
未分類

経済社会の常識

日本の経済社会における名刺は業者印刷が有利であると理解できたところで、名刺の業者印刷にはもう一つ利点があります。今も昔もビジネスマンにおいて、名刺は配ってナンボです。新人の営業マンは最初に会社から名刺を渡されたとき、〇〇までに配り終えるようにというノルマがあった会社もあります。直接的な営業成績を上げろというノルマではなく、まず顔を覚えられること、人に会うことが仕事の第一歩という意味です。現在ではアポ無しで訪問をするというのは減ってきていますが、基本的なことには変わりありません。

名刺を差し出すそのように配ってナンボの名刺ですから、手間とコストはかけられません。絶対に必要なもので常に使い続けていくものです。印刷を頼むごとにデザインを一新するといった手間はかけられるはずもなく、会社の雛形で所属や名前を変えるだけで対応しています。業者には変更する箇所を伝えるだけでよいのです。業者印刷は型を起こして印刷を行います。最初に型代が発生しますが、型に変更がなければそれを使い続けます。つまり同じものを印刷すればするほど1枚あたりの単価が安くなっていくのです。

信用とコスト、それを両立しているため、業者印刷は経済社会の常識だといわれ続けているのです。