名刺の作成で業者へ依頼

手間とコストをかけずに名刺作成について
未分類

経済社会の常識

日本の経済社会における名刺は業者印刷が有利であると理解できたところで、名刺の業者印刷にはもう一つ利点があります。今も昔もビジネスマンにおいて、名刺は配ってナンボです。新人の営業マンは最初に会社から名刺を渡されたとき、〇〇までに配り終えるようにというノルマがあった会社もあります。直接的な営業成績を上げろというノルマではなく、まず顔を覚えられること、人に会うことが仕事の第一歩という意味です。現在ではアポ無しで訪問をするというのは減ってきていますが、基本的なことには変わりありません。

名刺を差し出すそのように配ってナンボの名刺ですから、手間とコストはかけられません。絶対に必要なもので常に使い続けていくものです。印刷を頼むごとにデザインを一新するといった手間はかけられるはずもなく、会社の雛形で所属や名前を変えるだけで対応しています。業者には変更する箇所を伝えるだけでよいのです。業者印刷は型を起こして印刷を行います。最初に型代が発生しますが、型に変更がなければそれを使い続けます。つまり同じものを印刷すればするほど1枚あたりの単価が安くなっていくのです。

信用とコスト、それを両立しているため、業者印刷は経済社会の常識だといわれ続けているのです。

 

いろいろな名刺印刷と売り込み方

職業柄名刺は常に携帯しているので、印刷を注文する際には安くて感じの良いものであれば、と考えています。何せ配る機会が多ければ、数百枚刷ったところですぐに無くなってしまうからです。だから枚数は多くても構わないし、最低限、氏名と所属と役職、会社名と連絡先があれば良いとは思うものの、さすがに簡易のインスタントものなどは少々味気ないです。かといって字体やデザインなどを凝って業者に印刷を頼んだりすると、名刺代だけで相当かかってしまうので論外です。とは言っても余所から頂く名刺で目に留まりやすいものと言えば、やっぱり目を引くデザインや凝った印刷のものであるわけだから、悩むところです。

そういえば以前、とある会社の営業の方から頂いた名刺は、氏名や会社名だけでなく、御自身の顔写真まで印刷されており、社内で少し話題になりました。確かにインパクトは強いのだが、なんとなく学生が作ったものみたいで幼く感じられて少々おかしかったのが正直なところでした。いろんな売り込み方があるものだと思った次第でした。

 

「この営業マンは他とは違う」と思わせる名刺交換

営業職の方は常に「どうしたら選んでもらえるか」「どうしたら買ってもらえるか」ということに、いつも頭を悩ませているものです。相手とコンタクトを取り、興味を持ってもらって、交渉して、契約書に判を押してもらう…という流れ作りが、非常に難しくやりがいのあるものです。そこで、コンタクトを取ったときに、一番最初に行うものが名刺交換。商談で興味関心を持ってもらうためにも、まずこのときに「おっ、この営業マンは違うな」と思ってもらいたいものですね。そのためには、何をしたらよいか?ずばり、「相手の名刺から話題を広げる」ことです。

人間は、自分のことについて関心を持ってくれた相手に対して、好感と興味を持つものです。できる営業マンは得てして「相手の話を広げるのがうまい」ものです。そう、こちらのことは最小限伝えれば良いのです。例えば、相手が珍しい名字であれば出身地を聞いてみます。するとその出身地ではメジャーな名字であることや、相手の出身地を刊行したことがあるといった話、その土地ゆかりの歴史上の人物や名物の話など、話の引き出しはいくらでもあります。そこから話を広げて、お互いに楽しい会話をするのです。こんな風に、ファーストコンタクト時で既に、他の営業マンとの差別化が可能なんですよ。