名刺の作成で業者へ依頼

手間とコストをかけずに名刺作成について
未分類

名刺の普及

名刺社会人になると名刺が常識のように使われており、名刺を持つと世間に認められたような気持ちがします。プリンターが一般家庭に普及していなかった時代、名刺印刷は印刷業者に頼まなくてはいけませんでした。携帯電話も普及していなかった時代のことです。バブル時代には大学のサークル活動が活発になり学生が経済活動を起こすようになってくると、大学生でも名刺を持つ人が増えてきました。しかし一般的にはまだ社会人のもので、前出した人たちは特殊な部類でした。これが2000年に近づいてくると急激に変化をみせます。

一般へのパソコンと携帯電話の普及です。パソコンの普及はそれまで現実社会での繋がりのみだった人間関係を一気に広げ、ネットで知合った人たちが集うオフ会が各所で開催されました。知らない人同士が初めて会うのです。ここで活躍したのが名刺でした。ハンドルネームやメールアドレス、場合によっては携帯番号などを記したものを個人用名刺として使用しました。それまでは印刷業者に出していた印刷を、パソコンとプリンターで印刷しました。業者印刷は100枚単位ですが、オフ会ではそのような数は必要ありませんし、そう何度も使用するわけではありませんのでプリンターで印刷するていどでことは済んだのです。携帯電話にネット機能がつくと、個人用の名刺というのは一気に広がりをみせました。

今では当たり前のように使われていますが、これまでの流れをみていると業者印刷の重みというものがでてきます。