名刺の作成で業者へ依頼

手間とコストをかけずに名刺作成について
未分類

業者印刷の価値

名刺は社会人だけではなく、一般の人にも普及してきたという流れを前項で示しましたが、この一連の流れを理解すると業者印刷の重みというのが分かってきます。

名刺渡す業者印刷は部数が多く、社会人によって使われてきました。プリンターでの個人印刷は、部数が少ない人、主に一般人によって普及しています。商売という経済活動を行う人たちにとって信用できるのはどちらになるでしょうか?やはり普段から見慣れたものを信用することになるでしょう。名刺によって人格が否定されるというわけではありません。たとえプリンター印刷の名刺であっても良い仕事を行う人は大勢います。ただ名刺を渡すというのは、初めて出会う人同士が行うものであって、顔見知りの人たちが交わすということは滅多にありません。ほんの少しだけスタートで出遅れてしまうのです。

ビジネスにおいてスタートの出遅れは、致命的な場合もあります。厳しい勝負になればなるほど、わずかな躓きもみせたくはありません。わずかな気遣いは、気にする人もいますが、気にしない人もいます。ですがこれは主義主張や時代の問題ではなく、習慣として残っているものですからそれに沿ったほうが失敗が少ないという経済社会においての常識のようなものなのです。

 

名刺は社会人にとって、とても大切なものです。

子供の時は全然名刺に対して、興味がありませんでした。しかし大人になって、社会人としてお仕事をさせていただくと、名刺に対して物凄く興味を持たせていただきました。理由としましては、名刺をいただくことによって、その方がどのようなお仕事をしていたり、どのくらいの役職に就いているのか確認することができるからです。また名刺の渡し方をみて、この人は礼儀正しい人であると判断することができるからです。

社会人になって、お仕事をする際に、色んな事を学ばせていただきました。名刺がたくさんある方は、それだけ大変なお仕事をしてきた方だと思います。私は現在無職で、仕事を探しているのですが、昔いただいた名刺を見ると懐かしい気持ちになります。名刺にはそのような思い出もたくさん詰まっていまして、大切な個人情報でもありますし、家の中で大切に保管をしています。もし仕事を新しく始める事ができましたら、たくさん名刺を貰えるように頑張りたいと思いました。

 

もらった名刺は、すぐにしまわないこと

ビジネスシーンにおいて、名刺交換の場面には頻繁に遭遇します。事前に、商談するなどの予定が入っており、準備をしているときもあれば、突然名刺交換に遭遇することも多いです。もらった名刺は、大事に扱わなければならないということは、新社会人でも知っていますが、もたっら名刺をすぐにしまわないということは、あまり知られていません。なぜ、すぐにしまってはいけないかというと、頭に情報がちゃんと入っていない状態で、大切に名刺ケースに入れてしまうと、後々誰にどんな場面でもらったか、思いだせなくなってしまうからです。

思いだせない事態を防ぐために、一番の重要ポイントとなるのが、名刺をもらったまさにその時です。そのまま、名刺の内容を、しっかりと頭の中に入れていきます。商談時に、数名の方に渡してもらった場合は、席順に名刺を並べて、顔と名前を一致させるように努力します。裏面に、いつ、どのような状況でもらったか、メモ書きをしておくのもおすすめです。

 

名刺が入っている手帳。

神奈川県でお仕事をしていた時には、名刺を作ってもらいました。お客様にお渡ししたことが何度もあります。この名刺は数枚今でも持っています。現在は使っていませんが持っています。この名刺は、赤い手帳の中に入れています。この赤い手帳は、以前よく利用していました。知り合いの連絡先を書いたり、または自宅の住所を書いたりしていました。とても使いやすい手帳でしたので、とても気に入っていました。よく持ち歩いていました。数日前に、久しぶりにこの赤い手帳を見ました。自分はこれまでいろいろな物件で生活をしたことがあります。それらの住所を確かめるために、この名刺の入った赤い手帳を和室のカラーボックスの中から持ってきました。この赤い手帳に書いている以前住んでいた物件の住所を確認して、インターネットを利用して調べたのです。この赤い手帳はよく使っていましたので、持った感覚が懐かしいな、と思いました。名刺を保管するのに最適な手帳です。