名刺の作成で業者へ依頼

手間とコストをかけずに名刺作成について
未分類

業者印刷の価値

名刺は社会人だけではなく、一般の人にも普及してきたという流れを前項で示しましたが、この一連の流れを理解すると業者印刷の重みというのが分かってきます。

名刺渡す業者印刷は部数が多く、社会人によって使われてきました。プリンターでの個人印刷は、部数が少ない人、主に一般人によって普及しています。商売という経済活動を行う人たちにとって信用できるのはどちらになるでしょうか?やはり普段から見慣れたものを信用することになるでしょう。名刺によって人格が否定されるというわけではありません。たとえプリンター印刷の名刺であっても良い仕事を行う人は大勢います。ただ名刺を渡すというのは、初めて出会う人同士が行うものであって、顔見知りの人たちが交わすということは滅多にありません。ほんの少しだけスタートで出遅れてしまうのです。

ビジネスにおいてスタートの出遅れは、致命的な場合もあります。厳しい勝負になればなるほど、わずかな躓きもみせたくはありません。わずかな気遣いは、気にする人もいますが、気にしない人もいます。ですがこれは主義主張や時代の問題ではなく、習慣として残っているものですからそれに沿ったほうが失敗が少ないという経済社会においての常識のようなものなのです。